日本の株式市場における東宝株価と仕手株の違いは

日本では株式投資は難しいものだと思っている人が多く以前まではそれほど個人で、投資を行っているという人はそれほど多くありませんでした。
また、資金もある程度まとまった金額がなければ投資をすることが難しく、東宝株価のように四桁の株価の株を購入するには100万円単位で資金が必要であったため、個人で投資をするとなると簡単なものではありませんでした。
それに加えて手数料に関しても非常に高額で、少額で投資をできる銘柄であれば利益が出ても全て手数料に消えてしまうという状態だったため、日本の株に投資をしようと思っても気軽にできるものではありませんでした。
しかし、手数料の自由化であったりより投資をしやしように最低取引数を引き下げる銘柄も増えたことで、東宝株価のように四桁の株価でも10万円単位で購入をすることができるようになり、日本の株式市場も簡単に参加することができるようになりました。

そこで、投資をするうえで東宝株価のように大型銘柄で地合や業績によって動く銘柄を選ぶ場合には、特に注意をすることはないのですが、初めて投資をするときには仕手株と呼ばれるものに注意をする必要があります。
仕手株というのは業績不振などで、長い間誰からも目をつけられていなかったような銘柄が突如として仕手筋と呼ばれるグループに人為的に株価を吊り上げられそれに乗じた投資家に安く買い集めた株を売りつけて利益を出すものとなっています。
仕手株は低迷している銘柄が狙われるので、金額的にも購入しやすく上昇しているから更に上昇するのではと思って飛びついてしまいがちですが、元々業績など関係なしに人為的に株価が吊り上げられたものだけに、更に上がると思ったところが天井で高値づかみをさせられてしまうことが多いので、始めのうちにはこのような銘柄には手を出さないようにすることが大切です。

トップページへ